いつまでも元気に一緒に

黄色い錠剤の画像

早期発見が大事

みなさんはペットを飼っていますか?日本で代表的なペットといえば犬、猫となりますが、どちらの人間のパートナーとしては古く歴史があり、癒しや生活の助けになったりと、とても重要な存在です。
動物とはいえともにながく生活していると、その関係はただのペットとは思えず、大事な家族となっているという人も少なくないと思います。
とくに子供のころから一緒に生活してきた方や一人暮らしで寂しい人にとってはペットの存在はとても大きなものになっていますよね。
そんな大事な家族であるペット、健康で元気にいつまでも過ごしていてほしいですよね。

でも動物は言葉を発することができるわけではありませんし、不調を訴える手段も限られています。
そのため長く健康で居て欲しい、病気や障害で苦しんで欲しくないと思ったら飼い主さん側からしっかりと注意してみてあげる必要があります。
なんだか元気がないなと感じたり、普段より動きが鈍いといった何気ない違和感を感じたらそれがペットからの不調の合図となっています。
とくに我慢強い子や、大人しい子であればその変化にもなかなか気づきにくくなっています。
普段からしっかりと大事な家族であるペットの様子に気を付けて不調があればすぐに対応してあげるようにしましょう。
病気は早急に対処してあげることができれば、負担も小さく改善効果が大きいので、いつでも元気なペットと過ごすことができます。

わかりにくい病気

ペットとしてメジャーな犬や猫がかかりやすい病気というのは色々ありますが、その中でも初期段階で分かりにくい病気としては白内障があります。
白内障が進行してしまうと視力が低下してしまうだけでなく、最悪の場合失明してしまうおそれがあります。
また、見た目的にも、目のレンズが白く濁ってとても痛々しく感じるので、そうならないように早急に対処したい病気です。
人間の場合であれば視力に違和感があるとすぐに対応しますよね?
仕事にしろ、趣味しろその多くを視覚に頼って生活しているので、そこに違和感があると気になりますし、苦痛が大きいので病院嫌いの方でもすぐに眼科にかかると思います。
しかし動物は違和感があってもすぐに伝えることができませんし、動物は嗅覚や触覚といった視覚以外の感覚にたよって行動する事が多いのであまり気にしていない場合もあります。
このために飼い主がしっかりとペットの様子を観察して、視力が落ちているかどうかをチェックしてあげる必要性があります。
たとえば今までぶつからなかったところでぶつかっていたとか、音に過敏に反応していたとかそういった変化があると白内障のおそれがあるので、ペットの目を注意深く観察してみてください。
もし白く濁った様子が少しでもあるようなら白内障なので早急に対処してあげてください。

対処方法は

白内障の治療法は点眼薬や内科的な治療法と、手術による外科的な治療法があります。
前者の点眼薬による内科的な治療法では、白内障の進行を遅らせるだけで症状そのものを改善することができないので、早期発見時に対処する治療法となっています。
進行してしまって、著しく視力が落ちてしまっていると効果はありませんし、白濁し濁った眼の状況を完全することはできません。
そのため早い段階で飼い主が気づき対処してあげる必要があります。

症状が進行してしまっている場合には外科的な手術によって白内障の改善をはかります。
その方法は、濁った眼内にあるレンズを砕いて除去し、代替レンズを代わりに挿入し改善させます。
この手術は難しいものではなく、安全性が高いといわれてはいますが、ペットにとって負担がかかるのは間違いありませんので、高齢や弱っているような状況であればそれ相応のリスクがあるということは知っておいてください。
白内障の原因を改善する方法は外科的な手術に限られているとされていましたが、嬉しいことに今では点眼薬による内科的な治療法でも改善効果のあるお薬がでてきました。
それはシーナックと呼ばれている点眼薬です。
シーナックならペットに負担を強いることがなく白内障の治療をすることができるのでとてもおすすめです。

色の違う沢山の薬

その作用は

白内障の治療薬として大きな改善効果のあるシーナックですが、愛するペットに安心して使うためには有効成分やその作用についてしっかりと把握しておく必要性があります。ここではその作用について説明したいと思います。

薬の瓶が倒れている

その原因は

犬がかかる白内障は大きく分けて2種類あってその原因も異なっています。そんな白内障の原因をしっかりと把握していれば、早急に対処し納得できる治療法を選択するときに大きな助けとなります。

一粒摘まんでいる

通販を利用して

シーナックを手に入れたいとおおったら海外の医薬品を通販で入手できる、個人輸入代行業者を利用する必要があります。日本ではまだ承認されていないお薬なので、このような方法を取る必要があります。

白い錠剤が溢れている

人気記事

「人生のパートナーである大事なペットのために 」の人気記事です。