その作用は | 人生のパートナーである大事なペットのために

その作用は

色の違う沢山の薬

白内障の治療薬として大きな効果のあるシーナックですが、愛するペットに使うわけですからその効果や作用について知りたいと思いますよね?
そんなシーナックについてここでは簡単に説明したいと思います。
もともとは白内障は点眼薬による治療はできないといわれていました。
それは眼のレンズである水晶体が濁ってしまうと既存の治療薬ではその濁りを解消して綺麗なレンズに戻すことができなかったからです。
そのために外科的な手術によって濁ったレンズを破壊し除去し、代替レンズを挿入して治療するしかなかったわけです。

しかしこのシーナックなら目薬をさすだけでレンズの濁りを解消することができるので白内障に大きな治療効果をもっています。
その作用がある有効成分は、Nアセチルカルノシンです。白内障は抗酸化作用の衰えによって起こるといわれています、このNアセテルカルノシンには抗酸化作用があるのでそれによってレンズの濁りを防止し改善する働きをもっています。
遺伝的な原因や加齢によって衰えた目の抗酸化作用を、Nアセチルカルノシンによってふたたび活性化させることができるので、大きな治療効果を期待することができます。
元々は人間用に開発された医薬品ですが、この成分は犬猫でも問題なく作用し安全に使うことができるために、安心してペットにつかうことができます。副作用もめったにあらわれないといわれてるのでその点でも安心です。
しかし点眼してからすぐに効果があるわけではありませんし、時間かけてゆっくりと改善していく治療方法なので、継続的に使用し続けることで走行化を実感することができます。
眼の濁りがとれて症状が改善しても、使い続ける必要性がありますので、それだけは注意してください。